泌尿器科の女性医師

泌尿器科の女性医師

泌尿器科医の求人では、透析管理のスキルやシャンテ手術の技術もあると、高額年俸も期待できます。都心部での求人は、当直なし、週4日勤務、シャントや透析が可能であれば、年俸1500万円前後が相場のようです。地方の求人では、当直はありますが、当直代は別計算として、年俸1800万円前後のようです。

多くの女性患者は、泌尿器科や産婦人科、婦人科の医師が女性だと受診しやすいと感じています。 特に泌尿器科は、羞恥心が邪魔をして診察を先延ばしにすることも多いでしょう。日本の現状からすると、高齢社会はますます進み、女性の平均寿命が男性を上回っていますので、必然的に、患者の比率も女性の方が多くなって行くことが予想されます。

男性の場合、性感染症は泌尿器科を受診しますが、女性の多くは婦人科を受診します。膀胱炎の症状の時には内科を受診し、泌尿器科を受診する女性は少ないと思います。 加齢とともに、尿失禁や頻尿で悩んだり、困ったりすることも多くなりますが、やはり泌尿器科ではなく他科を受診するのではないでしょうか。しかし、泌尿器科に女性医師が多くなると、女性患者は受診しやすくなります。

そもそも、泌尿器科を標榜している医療機関は、大学病院、総合病院などと限られており、身近な感覚がする個人病院では泌尿器科病院自体が少ないこともありますので、患者が他科を受診せざるを得ないという現状もあります。日本泌尿器科学会では、2006年に女性泌尿器科医の会を立ち上げ、精力的に泌尿器科での女性医師増を目指しています。

インターネット上では、泌尿器科の女性医師を探している状況が伺えます。泌尿器科は、診断から手術まで担当医の責任で方向性を決めていく場面が多く求められ、最近、泌尿器科医は人工透析管理や透析のための血管形成手術(シャント)にも力を入れているようです。

また、産科・婦人科・泌尿器科・アンチエイジングの看板を掲げ、女性にとっては、非常に受診しやすい街の病院も増えつつあります。泌尿器科に女性医が増えたとすると、逆に男性にとってはどうなのでしょうか。いろいろな考えはあるようですが、医者が男性でも、今までは看護師は女性だったので、そういう意味では、医者が女性になったところで、あまり気にならないという意見が多いようです。これまでのイメージでは、泌尿器科と女性医は結びつきが薄かったように思われますが、これからの、臨床場面では女性泌尿器科のニーズが高まっていくことは、間違いないでしょう。

女性医師求人サイトランキング!人気1位のサイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

※当サイトでは女性医師の転職に定評があるリクルートドクターズキャリアが1位です。
※女性医師の好条件の求人が充実している医師転職ドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 女性医師求人ナビ All Rights Reserved.