女性医師の労働環境

女性医師の労働環境

かつて医者は、弁護士と並び、高収入職業の花形として、もてはやされた時期もありました。しかし実際には、過酷な労働環境の職業であり、さらには優秀な頭脳とすぐれたスキルが要求される仕事です。女性医師は年々増加していますが、出産を機に第一線から退くケースが多く、医師不足の一因とも言われています。

日本医師会が数年前に実施した調査によると、子供がいる女性勤務医のうち6割以上が育児休暇を取っていないという結果が出ています。しかし、厚労省の調査では、出産した女性の9割が育休を取っているという結果になりました。これは、医療界の対応の遅れを浮き彫りにしています。医師不足が言われる中、いろいろな方面から提言がなされ、近年は、女性医師が継続して就労できる環境整備が行われているのです。

女性医師の労働環境や保育環境は不十分で、離職や休職をせざるを得ない状況が続いています。女性医師の職場離脱は、残された医師の労働環境の悪化を招くことにもなり、女性医師が継続して働くことができる環境整備は、国民の福祉と健康に直結するとも言われています。

元々、女性医師は人数が少ないのに対して、女性の患者は圧倒的に多く、国内の医師不足は、男性・女性共に深刻な状況となっています。過酷な労働の改善や、医師役割分担を決め労働時間削減への取り組み、多様な勤務体系を可能とする雇用環境の改善などが、提言に基づき環境整備を具体的に進められています。

それぞれの病院に任されているところはありますが、医学生の4割を女子学生が占めていると言われている中で、今後の病院の体制として、整備されるべき取り組みです。育児や介護の支援充実、ワークライフバランスの向上などにまで踏み込んだ内容となっています。

医師の労働条件や労働環境の問題は、これまでにも指摘されていましたが、このような環境整備は、男性医師にとっても、雇用環境の改善を訴えるものとして、歓迎すべきではないでしょうか。女性医師にとって望ましい職場環境は、男性医師にとっても働きやすい職場であるはずです。

女性医師は高い能力を有しながら、それを適切に評価されないため、自身でもその能力に気が付かず、あるいは気付いていても発揮するチャンスを得られずに医師としての仕事を中断したり、という状況になることが少なくないようです。特に妊娠・出産・育児は、医師として勤務する上でのマイナス点と受け止められている風潮があります。これが働き盛りの女性医師が第一線を退く最大の要因となっていると言われます。

しかし実際は、妊娠出産を経験し、育児期を過ごしている女性医師は非常に優れた能力を持っていることが多いのです。そんな女性医師が働き続けられる労働環境は、多くの人に求められている環境でもあります。

女性医師求人サイトランキング!人気1位のサイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

※当サイトでは女性医師の転職に定評があるリクルートドクターズキャリアが1位です。
※女性医師の好条件の求人が充実している医師転職ドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 女性医師求人ナビ All Rights Reserved.