女性医師の支援制度

女性医師の支援制度

近年、医学部卒業生並びに医師免許取得者の全体に占める割合が、ますます大きくなりつつある女性医師に対して、その豊かな医療の担い手である医師としてのキャリア形成と、妊娠、出産といった女性特有の事項との両立を支援するため、さまざまなサポートが行われています。

病院や大学では雇用や勤務体系、環境など、また医師会や自治体などでも復帰支援はいろいろな形で取り組みが行われています。

女性医師支援としては、柔軟な勤務体制、残業・日当直の免除、復帰支援、再研修プログラムなどが主な支援となります。結婚や出産後も安心して働き続けられることが、女性医師にとっては大変重要なことです。産休や育休のほかに、家庭行事やPTA等の学校行事に配慮した勤務体制なども必要です。

柔軟な勤務体制としては、勤務時間を短縮するなどをしても、たとえば週30時間程度働くことができれば、常勤職員として勤務できるというような体制を行っている病院もあります。

育児休暇や介護による休暇は、「育児・介護休業法」にも定められています。育児又は家族の介護を行う労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるよう支援することによって、その福祉を増進するとともに、あわせて我が国の経済及び社会の発展に資することを目的として制定されています。医師という過酷な仕事であっても、病院の体制を整え、休暇が取れるようにすることは、医師不足が言われる現状では、早急に対応しなければならない課題でしょう。

医師会などでは相談窓口もあり、また、今では、女性医師のための支援情報を提供するサイトもあります。このようなサイトで、自分に合ったリンク先を見つけることも可能です。全国のさまざまな病院や機関で、復職支援や相談、いろいろなプロジェクトが行われています。中には、同じような女性医師やワーキングマザーの掲示板的なサイトも紹介されていますので、いろいろな悩みを抱えている同じような立場の女性と交流もできるでしょう。

女性医師が勤務を継続していくために求められる環境整備・制度の充実は、すべての医師の就労環境の改善につながります。医療の質を確保するためには、女性職員の離職を防ぐとともに、離職後の早期復帰を支援することが必要です。

家族に負担をかけてまで働けない、働きたくとも配偶者が許してくれない、など周囲の人の協力も必要でしょう。男性医師、配偶者の男性側の意識改革も求められることです。

医師不足、また偏在による地域医療の崩壊が問題になっている今、出産や子育て等で職場を離れている女性医師に、可能な範囲で職場復帰をしてもらえることが有効な対策と考えられています。そして、医療現場の労働環境を改善し、再教育も含めた職場復帰を支援する体制は広がっています。

女性医師求人サイトランキング!人気1位のサイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

※当サイトでは女性医師の転職に定評があるリクルートドクターズキャリアが1位です。
※女性医師の好条件の求人が充実している医師転職ドットコムも人気です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 女性医師求人ナビ All Rights Reserved.